FXと外貨預金の違い

街角景気、過去最低を更新=雇用環境悪化で−内閣府

街角景気、過去最低を更新=雇用環境悪化で−内閣府

多くの就職希望者に対し、年中日本国内のどこかで、企業面接は行われています。 もう「就職活動をしている」という声は、大学に入学して1年も経てば、結構聞こえてきたりします。 就職活動に関する知識を早くから正確に学んでおけば、四回生になってから焦って、自分に合わない職場に就職せざるをえないといった事態を防げます。


少し話はそれますが、たくさん会社の面接を受けたのに、全く内定を貰うことができず就職できないと悩んでいる場合も、企業や面接官のせいにするのは間違いです。 「企業が内定を出さない、うまく就職できない」という場合、それなりのわけがあるのであり、原因は自分にあることがほとんどです。 相手に不快な態度を面接時にとったり、言葉遣いに問題があったり、志望動機が曖昧だったりしなかったか、もう一度よく考えなおしてから就職活動にはげむべきでしょう。

確かに、企業ごとに求められる人材は全く違いますし、学歴重視の企業、実績ややる気を重視する企業などそれぞれ異なります。 ただし、どの企業に就職する場合でも、その人が入社したら利益を上げてもらうことが必要ですから、向上心や積極性がみられない人を採用しようとすることは絶対にありえないのです。 面接する側も、気持ちが強くて就職の面接でもやる気に溢れている人に対しては、たいてい後押ししてくれますから、下を見たりしないで相手の目を真っ直ぐに見て、誠意を持って喋ることが重要です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081208-00000081-jij-pol

livenewz at 21:33│clip!文化・教育